FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋤込み作業

8月も今日で最後ですね。まだまだ暑い日が続きます。
fc2_b20120831.jpg
 畑で育っている柿です。まだまだ青いですが、季節が変わって行くと、柿も色付きはじめるんですね。
甘柿ではないと思うのですが、1本の柿の木が、植えた記憶が無い所、それも畑の中に育っているんです。去年、根笹を刈っている時に見つけたんです。高さは、今3m位まで成長しています。ただ、根笹の間で成長したのか、非常に細い木なんです。だから栄養を付けてあげようと、日が当たるようにして根の回りに、肥料と言うほどじゃないのですが刈った草等をかき集めてやってます。

 今日も暑い中、刈った草のすき込作業をやりました。なんとか予定していた箇所は完了できました。
さて、ここには何を植えよかと思って作業をしてました。
 巣箱と同じ場所なので、蜜源もしくは花粉源になるような作物を植えようと思います。
今からだと、何が良いのでしょうね、農文協から出版されている「不耕起栽培」を読みながら、いろいろな作物が出来る様子を想像してみます。
 

fc2_b20120831-1.jpg

この画像の左側は巣箱を置いてます。この細長い場所で何かを栽培しようと思ってるんです。奥の方には、「三つ葉」を植えてたんです。時期になったら、育ってました。だけど本日、鋤込んでしまいました。 
 
 
 
スポンサーサイト

信州 渋温泉

渋温泉へ行ってまいりました。
fc2_b20120829-1.jpg
 渋温泉では、この金具屋さんが有名ですね。建物が、文化財となっているんですね。
私が宿泊した旅館は、温泉街にある「初の湯」さんに宿泊しました。部屋の天井は竹で作られており、涼やかでとても気持ちの良い旅館で、かけ流し温泉の檜風呂も心身共にリラックスする事が出来、満足。

fc2_b20120829-2.jpg 渋温泉では、宿泊者のみが外湯廻りを楽しめるように、外湯の入口の鍵を持って入浴出来るように工夫されており、外湯のうちの1軒だけは、宿泊者以外の方も入浴出来るように心配りをしていました。宿泊しなければ外湯には入れませんよ、と言う 渋温泉に宿泊した事による、ちょっと得をした気分になりました。そのうえ、旅館内には売店等が無く、お土産を買うには、温泉街へ出掛けなければならない方法をとっておりました。温泉街に来た方を渋温泉全体で迎えてくれているように感じ、そのためか、温泉街を下駄はいて、カランコロンとブラブラ歩きますと、「温泉に来たんや」と実感する事が出来ました。
 
 
 外湯は全部で9箇所あり、全てが「源泉かけ流し」で非常に湯の温度が高く、湯船に浸かれずにかけ湯のみで出た所もありました。
 着いた日と翌日の出発前とで、外湯9箇所を全部入りました。硫黄臭があったり、鉄分で茶色くなっている温泉等、温泉街ものんびり楽しめる素晴らしい渋温泉ですね。また違う季節に来てみたいです。
 渋温泉を選んで、大正解でした

 翌日は「野猿公苑」に寄ってから、小布施の町をブラブラして、お土産に、クリのハチミツを購入しました。小布施の街もとても落ち着く美しい街なので、何度来ても通過しないで、寄り道してしまいます。帰宅する時間も遅くなるので、小布施を出て、途中、鬼無里村の「おやき」を食べて帰ることにしまた。
 車を鬼無里村へと走らせて「イロハ堂」さんに入って、「おやき」を4個(あざみ、切干ダイコン、ナス、かぼちゃ)食べました。具がびっしり詰まっていて、大満足でした。
 以前来た時と違い店内が改装されてたように思えました。
 
fc2_b20120829-3.jpg
「渋温泉」や「野猿公苑」であった出来事等は、日をおってまた、書き込んで行こうと思います。

野猿公苑

お猿さん
fc2_b20120828.jpg

百日紅の花

百日紅
fc2_b20120825.jpg
 百日紅の花です。赤くて可愛い綺麗で可憐な花です。
ホームページにも蜂場の風景として掲載しております。一度立ち寄って見て下さい。
ききょう養蜂園 http://ki-honey.com/です。
 
 なんとなく本日は天候が悪くなりそうな気がしたので、室内作業日としました。なので、昼間にブログの更新を行っております。
 1400時、だんだん空が暗くなってきて、遠くで稲妻が光っており、ゴロゴロと空がうなっております。夕立が近づいているようですね。

ハチミツです

fc2_b20120820.jpg
ハチミツです。
 まったりとした甘みが、お口の中をグルグル回って味覚を感動させます。
その後はハチミツが持っている、数々の栄養素が身体の隅々まで「吸収されている」感じが、ひしひしと全身を刺激します。蜂達がいろんな花を巡って集めてきた、この万能の栄養食品を是非、あなたの身体に与えて、まだまだ続く暑さに耐えうる身体作り食欲の秋に向かって、体調を整えるために是非食してみませんか。
 
これらハチミツのご要望はこちらまで
ききょう養蜂園 http://beehoney.free.makeshop.jp/
 採蜜場所は、兵庫県と大阪北部地域です。

オニヤンマ

オニヤンマ
fc2_b20120817.jpg
 ちょっと休憩中に 大きな羽音と共に目の前を横切って、スコップに停りました。オニヤンマです。
羽は、幅20センチ位あるでしょうか、そして、胴体も20センチ位の長さがあったように思います。
ジッとして動きそうもなかったので、暫く近くで、眺めておりました。
 トンボは四枚の羽を使って急上昇、急旋回と3次元の世界を、思うままに飛んでおります。そんな姿を見ていると、本日のような青空の猛暑の中で、自分ももっと羽ばたかないとアカンなぁと感じました。
 休憩中の後ろの木では、ミンミン蝉が鳴くし、鳥の囀り、そして時々サッと吹き抜ける風、自然を感じる事の出来る今の作業は、心身共に綺麗になっていくような感じがしますね。
 

 

スズメバチ対策

スズメバチ防除機
fc2_b20120816.jpg
 本日は、スズメバチ防除機を巣箱に取り付けました。画像にありますように、巣箱の前に突き出ているものが、スズメバチ防除機です。画像でもご覧のように上下の2段構造になっております。
 下段の枠の底は有りません。それは蜂達が出たり入ったりする為と、スズメバチは上へ上へと飛ぼうとする性質を利用するため、底から潜り込んだスズメバチは、上へ飛ぼうとします。
 上下の間には、円錐状の富士山のような形で、下は広くなっており、上はスズメバチが通り抜けるだけの穴の大きさになってる網を取り付けております。この上の穴を通り抜けたスズメバチは、上段へ入ります。
この上段に入りますと、出口はありません。戻ろうとしても、円錐状の頂点の小さい穴から下段に戻るしか方法はありません。時期になると、数匹のスズメバチが、この上段の中に入っております。
 本格的にスズメバチが、出回り始めると、巣箱の上に蜂取り用の、粘着シートを置くようにするんです。このシートにもスズメバチがくっついて、もがいている姿を見ると可哀想に思います。殺生したスズメバチは、きちんと土に返すようにしております。ちょっとした懺悔の気持ちかな。
 
 我々、人が生きていくためには、いろんな犠牲の元で生きています。その事を常に思いながら、生活していかなければならないですね。そして犠牲になっているのは、生き物達だけではありませんね。犠牲も大きい小さいを考えてみれば、循環してますね。

集中力

お盆と終戦日
fc2_b20120815.jpg
 ちょっとの間にブロク掲載が伸びました。すなわち、日々の記録に隙間が空いてしまったと言う事ですね。
 今日は、画像のような「分割板」なるものを自作しておりました。この板は、冬に使用するものなのです。冬になると蜂達は、寒さを防ぐために、蜂球と言う塊になって寒い冬を越すのです。その時に巣箱の中を狭く仕切るための板と思って頂けたら良いと思います。
 この板に、巣箱の中の温度が下がらないように発泡スチロールを貼り付けようと思っております。なんでも出来る時にしとかないと、寒くなってからで良いとか思っているとアッという間に時間が過ぎてしまうのでね。この板を使う時に、画像を掲載したいです。
 
 ノコギリを使う時に、よくよく歪んでしまった経験のある方の沢山おられるでしょう。私もきちんと線を引いてからノコギリで切ってもずれてきておりました。それらの事を克服するために、本日は、精神集中と腕が疲れたら、無理せず休む事にしました。そんな理由で本日はほとんどまっすぐ線の通りに切る事が出来ました。
 何事にも精神および気持ちを集中させる事が、うまく行く秘訣ですかな。頭で解ってるつもりでも、身体は正直ですね。物が完成しますと、「自分には結構集中力あるやん」なんて思い、この集中力を自在に扱えるように訓練を積み重ねようと思います。
 

えんや〜こら〜

父ちゃんのためらなエンヤコラ〜母ちゃんのためならエンヤコラ〜
fc2_b20120810.jpg
 昔、美和明宏さんが、歌ってましたね。子供の頃、歌いながら、遊んでいた記憶があります。
最近では、槇原敬之さんも歌ってますね。私の持っているCDに収録されております。ただ、歌い出しが昔と違うような感じです。
 本日も、スコップでの掘り起こし作業でした。前回までとは、違う場所となります。ここも一度掘り起こしておりましたので、割と楽に掘り起こす作業が出来ました。それでも全部完了するまで、後3回位は必要かと思います。
 さて、毎年何かを植えようと思いながら、思うだけで、過ぎてしまうんですよね。だから、今年は、オジャガさんを春に植えたのですが、気合を入れての作業していなかったので、育ったおジャガさんは、コンビニのイナリ寿司位の大きさだたので、本日そのまま鋤込んでしまうことにしました。もう少し土を柔らかくしてから、きちんとした畝を作ろうと思いながら、スコップで鋤込み作業を行いました。


予定していたが、、

 今日は、朝方涼しく感じたので、「エアコン掛っ放しで寝てしもた」と思ったくらい、涼しく感じた、朝でした。毎朝「MBSラジオの朝からてんこもり」を聞くために、5時半頃には、起床するように心がけているんですが、今朝に限って、二度寝をしまして、結局起床したのが、6時半頃に成りました。
 暦の上で「立秋」をすぎたら、日も短く感じる様に成りました。あと4ヶ月もしたら、「寒い寒い」と言うんでしょうね。だから、暑い時は、暑さを全身で感じ満喫するように生活して、畑の掘り起こし作業を楽しんでやっております。
 タイトル通り、本日は、予定していた事があったのですが、何をどう変わったのか、 
昨日注文を受けハチミツを用意しようと思ったら、「あらら、」あったと思っていたハチミツが全部ありませんでした。そう、こないだ販売店へ運んだところだったので、商品がなかったのです。そんな理由で、急遽、瓶詰め作業を行なう事と成りました。今月末位から、今年採れたハチミツを瓶詰め使用と思っていたのでしたが、今日、少しだけ瓶詰めしました。糖度も78あって、非常にマッタリとした甘みが口の中を踊るような感じでした。
 濾過タンクに一斗缶から流し込んでも、どうしても缶に残るハチミツがあるのです。蜂達が一生懸命集めてきた蜜を一滴でも処分する事は、もったいないし、きちんと最後まで、頂かないと蜂達に悪いですよね。
 そんな理由もあってその一斗缶に残った流し込めなかったハチミツは、一斗缶にお湯を500cc程流し込んで、缶をゆすいでハチミツのお湯割りを作って、ペットボトルに入れて冷蔵庫で冷やして頂きます。甘い天然のジュースですね。ハチミツをそのまま掬って食べるのも良いのですが、私は、お湯で溶かして、頂くのが好きですね。はちみつ
 瓶に残ったハチミツがあったら、お湯を瓶に流しこんで、ゆすいで最後まで蜂達の恵みを身体に取り入れましょう。

梅干と掘り起こし作業

掘り起こし作業と梅干
fc2_b20120807-1.jpg
 日にちが経つの早いもんで、ブログ更新もバタバタしておりまして遅れてしまいました。
さて、本日も畑の刈った草のすき込み作業を行いました。スコップで掘り起こしてやっと完了致しました。
 次は、また違う場所のすき込み作業が待っております。画像の奥の方で作業している時は、黒と白のやぶ蚊が飛びまくってきて、ちょっと作業の手を休めると、とたんに噛み付いて来よるんですわ。なので、ちょっと休憩するときは、明るい風の通る所に出てきて、一息つくようにしながらの作業でした。知らぬ間に何箇所か噛まれておりました。なので、痒いから、噛まれた所に爪でバツ印をつけてます。
 表現なのですが、「蚊に刺される」と世間は言うようですが、私らは、小さい時から、「蚊に噛まれる」と言っておりましたので、他人さんが「蚊に刺された」と表現されると、何か違和感を感じるのです。




 梅干の状態ですが、画像のように土用干しも何とか、出来ました。あと明日、干したら、梅酢に戻して、完成です。塩分20%の濃い梅干ですが、カビが生えることも無く、ユックリ来年まで、食べて行こうと思います。今回は4キロ漬けましたが、毎日食べると、来年漬けるまでに無くなりそうですね。と言いながらでも、去年漬けた梅干が、まだ残っているので大丈夫でしょう。この梅干、ごく親しい友人のみにお裾分けいたしますと、評判良いんです。
 塩分は20%ですが、「ちょっと塩分が・・」と仰る方もおられますが、梅干は、この濃度が一番美味しいんです。なので、塩分を考える時は、他の食材で、調整するようにしております。
 fc2_b20120807-2.jpg
 個人的には、市販されている甘ったるい梅干は、食べやすいんですけどね、、酸っぱさがあってこそ、梅干だと思います。


fc2_b20120807-3.jpg


これは、梅酢です。これも舐めて見ると、酸っぱい酸っぱいです。
 この画像のように、天日に干すんですよ。

炎天下での作業

すき込み作業
fc2_b20120802.jpg
すき込み作業の進捗状況です。全部スコップで掘り起こして、刈った草をすき込んでおります。耕うん機を持っているんですが、以前使ったとき、土が固く、根笹の根が土中で絡み合ってて耕うん機で深くすき込みできなかったのです。
 そのため、スコップで笹の根を切って、土と根の塊を、スコップで突き崩す作業となったのです。今年の冬に一度根を切る作業を行なっていたので、二回目の作業でここまですき込みする事が出来ました。

 今年の冬に根切り作業を行なったときは、根笹の根が絡み合っていたので、縦に切って横に切ってそして、再び縦に切ってやっと掘り返せるかと思えば、土の中で絡み合っている根を下から力任せでひっくり返しての作業でした。この画像の場所だけでも10回位要したと思います。それを思えば、2回目で半分ちょっとまですき込み出来たので良い方ですね。あと2回位で終了できそうですね。そしたら、また次の場所です。

 この場所の以前の状態を見たい方は、蜂場の画像:http://ki-honey.com/hojo/hojo_005.html:をご覧になってください。

 ここには、将来キウイの棚を作ろうかと思っております。右の中間あたりに、アケビの木も育っているので、キウイとアケビの棚ですね。そんな事なんか思いながら、作業しております。


 
プロフィール

bwv1067

Author:bwv1067
ききょう養蜂園

自然(天候や気温など)相手の作業は、毎日変化があって楽しいですが、しんどい時もあります。そんな中で毎日の変化を楽しもうと暮らしておりますカロリー控えめ甘味が欲しい素敵な、あなた美容痩身にぜひ身体が欲する甘味
私の生産したハチミツを食べて、心も身体も美しく変身致しましょう。

★☆★リンクフリーです★☆★「全ての生き物に感謝」のブログが気に入って頂けるだけで嬉しいです

訪問記念に、置手紙を残して下さい☆後日、伺います☆


置手紙をクリックして頂き
ありがとうございます



ブログ広告ならブログ広告.com

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
リンク
神戸三宮のライブカメラ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
USBメモリウイルスの感染にご注意を!
USBメモリウイルスの感染にご注意

アフィリエイトならリンクシェア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
よう おこし
蜂屋さんのエリア
http://draft.j-a-

net.jp/banner/NEXT

【送料無料】【レヴュー書いてオマケ】 明治プロテインダイエット ミックスパック30袋 【即納】30食分 【代引き15時までの注文は即日出荷】 プロテイン ※注意DHCプロティンダイエットではございません※ 『ta_979』【tg_sak】

価格:3,359円
(2012/2/7 09:05時点)
感想(5267件)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。