スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分封群

 ミツバチの分封群です。
先日、蜂場で作業を終えて帰ろうと思ったのですが、山菜でも摘んでからにしようと思い、付近をウロウロした時に、分封群を2群見つけました。
 なので、取り急ぎ、巣板を入れて釘で動かないように固定した巣箱を1つ用意しまして、2つの分封群のうち1群を回収しました。網でこのミツバチの塊をガサガサっとすくい取って巣箱の中へ放り込んだんです。
うまく定着してくれると嬉しいんですがね。
 そして、もう1群ですが巣箱が、ここには、1箱しか無かったので、仕方なくこのミツバチの塊の中から、女王蜂だけを捜し出して、女王蜂を保管する容器に入れる事が出来ました。
この塊の中から、見つけ出すのは、難儀な作業でしたが、何とか見つけることが出来たのでラッキーでした。
fc2_b20130429-1.jpg
 この塊だけでも ミツバチ約1万匹位いるでしょうね。
山菜でも摘んで帰ろうとおもってウロウロし始めたことが、プラスに作用に転じたんでしょうね。

 何事も、良く転じる日もあれば、全く逆回りばかりする日も有ると言う事ですね。

 この木は、「ヤマウルシ」です
遠くから見たら「タランボ」のように見えたので、近づいて見ると「ヤマウルシ」でした
fc2_b20130429-2.jpg
食べることは出来ません。タラの芽とよく似ているのですが、見分けるポイントは、木にトゲが有るか無いかが目安になるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

天空の城 竹田城跡

”虎臥城”と呼ばれた”竹田城”標高353メートルの山頂に位置しております。
日本のマチュピチュとも言われてましたね。季節によっては、雲海のなかに浮かび立つ城跡の写真を撮ることが出来ます。観光案内のパンフには、その画像が写っております。カメラマンならば、一度は撮ってみたいと思わせますね。
fc2_b20130428-1.jpg

 頂上へは、竹田の街から、歩いて約20分くらいで登頂しました。結構きつい登り坂で頂上まで一気に続きます。また車で頂上近くまで行けるので、大勢の観光客が訪れておりました。
fc2_b20130428-2.jpg
 この石垣を見ていると、歴史ロマンを感じますね。そして、頂上から見渡す風景が、都会の喧騒を忘れさせてくれるうえ、下界の町並みを見て、「高いところにいるや」と殿様になったような気に成りましたね。
この登りきった感を味わうには、一歩一歩登ったからこそ思えるんでしょうね。
 ゆっくりでも良いので、竹田の街から歩いて登られることを推薦いたします。
fc2_b20130428-3.jpg
 下山するときは、観音寺方向へ降りて、町並みを散策しながらJR竹田駅に戻るのが良いでしょうね。

余談ですが、関西人に次の言葉を読ませてみると、大抵の人は、音程を付けて読むと思います。世代で知らない方もいると思いますので、尋ねてみるならば中年の方が良いでしょう。その言葉は、、、
♪♪♪「和田山、竹田家具」♪♪♪
 です。(^O^)

山菜 (スカンポ)

 ゴールデンウィークに突入しましたね。
なんだかんだで、ブログ更新に日が空きました。
ほんとに日が過ぎるのは早いもんです。毎日、ボサーっとして過ごしても、キリキリ動き回っても24時間だけは、平等に天が与えてくれておりますね。

 蜂場には、こんな山菜も育っております。
イタドリ(スカンポ)です。生で食べると、酸っぱいですね。
むかし、山小屋に止まった時にそこの主人が、天ぷらで出してくれました。
fc2_b20130427.jpg
 
 その時の味はもう、忘れましたね。

ワラビ

 レンゲ草、ミツバチがいますね。
日中は、22度位まで気温が上がっているので作業していると、汗ばみますが、9時頃は、まだ作業服の中にトレーナーを1枚着用してて良いぐらいですね。
fc2_b20130420-1.jpg

 ワラビです。今年も、沢山芽を出し始めてます。摘んで食べたりもします。
ときどき、知り合いに、「ワラビ食べる?」と尋ねて、「いるよ」と返事をくれた方に、沢山取ってお分けする事があります。
fc2_b20130420-2.jpg
  
 このワラビをアクを抜いて食べることを発見した先人の知恵は素晴らしいですね。そんなことを思いながら食べると、ちょっと違った味わいがあります。

レンゲ草

 蜂場にもレンゲが咲き始めました。毎年、可愛い色で咲いてくれ、蜂場が鮮やかな色に染まります。
このれんげにもミツバチ達が蜜を吸いにやって来ます。
ほら、見えますか?
fc2_b20130418-1.jpg

ツクシもボチボチ顔を出し始めました。ツクシは、アッという間に開いてしまいます。見つけたら、すぐに摘まないとダメですね。調理するだけの量を確保しようと思えば、結構大変ですね。
fc2_b20130417-2.jpg

 蜂場の隅には、ミツバがチョロチョロっと、香りを放っております。
摘んで味噌汁にでも入れてみようと思い、もっと沢山のミツバが群生出来るようにと祈ってソッと離れました。
暖かくなってくると、いろいろな植物が芽吹いてきて、蜂場にいて、ボーッとして日長、過ごせますね。
fc2_b20130418-2.jpg
 近くでは、ウグイスの鳴き声が聞こえてきて、今度は、バードウォッチング。
枝から枝へ、飛び回る瞬間を見つけて、ウグイスの姿を見られたことに満足。

 

さくら

 兵庫の蜂場の桜は、まだ散ってませんね

fc2_b20130416-2.jpg
天気が良く、暖かいと蜂達も元気に飛び回っており、巣には、美味しいそうな蜜が貯まっております。
指でつっついて、舐めてみると、疲れもアッという間に取れそうな甘さですね。


鹿児島霧島熟成神話豚カレー
fc2_b20130416-1.jpg
 美味しかった(^ω^)
カレーと言えば、私は、牛肉を使用するのですが、このカレーに使用されている神話豚肉は、上品な肉質でヘルシーな美味しさを味わえました。

大洞山登山

 大洞山へ、ハッピーウォークさんの手伝いで、登って来ました。
真福院の参道入口にそびえ立つ杉の木。なんとなくパーワーを受け取れそうな雰囲気ですね。
桜の観光客は、ここまではこられますが、ここから先は、リュックを背負った登山者さんばかりです。
fc2_b20130414-1.jpg

fc2_b20130414-2.jpg
 大洞山頂上です。
標高1013メートルの360度見渡せる場所です。
バスを降りた駐車場から、おおむね2時間くらいで頂上到着し、昼食タイム。

 他の登山者も大勢、来られておりました。










 三多気の桜は、まだまだ散っておらず、我々登山者の気持ちをゆったりさせてくれました。
田んぼに水が張ってあるのは、逆さ桜が映るようにとの配慮であると思いました。
なぜなら、観光協会のパンフには田んぼに映る逆さ桜の画像が移されておりましたんで。これらの桜を撮影するポイントには、多くのカメラマンが、脚立をかまえたりして撮影してましたね。
fc2_b20130414-3.jpg
 天候も良く、登山に適した日でした。そして全員28名が無事に戻れたことが、手伝いしてて一番ホッとすることですね。



ウォーキングへの参加は、こちら”ハッピーウォーク”まで、
熊野古道や、竹田城跡など、いろいろ予定しております。

巣箱

 巣箱です。 表を白く塗ってあるのは、目印なんですね。
どこかで、こんな巣箱を見かけたら、もしかしたら、わたしの巣箱かも知れませんね、、、
fc2_b20130412.jpg
 今日は、肌寒さを感じる日でしたね。夕方パラッと雨粒が落ちてきましたが、ほんの数分でした。
山桜も散りかけておりますが、まだまだ蜜を吹きそうな感じです。山の所々に紅いピンク色が美しく山を飾ってきました。このピンク色の花はツツジの花ですね。


Happy Tourで行く、ウォーキングツアー
熊野古道第2弾 参加者募集中

桜 満開です

 蜂場に咲く、桜は今が満開です。
先日の、風雨でかなり散ってしまった桜もあるでしょうね。
fc2_b20130410-1.jpg

 本日、気温が低く感じておりましたが、昼ころには、日もさしてきたので、巣箱の中を開けてみました。
なんと、こんな大きな巣を作っておりました。ミツバチのパワーは凄いもんですね。
fc2_b20130410-2.jpg
 これらの巣は、集めてミツロウにします。この巣にも少々蜜が貯まっていたので、蜜の部分をちぎって、口に入れてガムのように噛みました。ならば、甘く採れたての蜜が、口の中全体に広がって、心地よい気分に成りましたね、、

女王蜂は、、

 女王蜂は、何処でしょか、、
女王蜂には、目印が付けてあります。探してみましょう、、
 見つけた方には、何かおまけでも考えましょかね、、

fc2_b20130409.jpg

 気温も高くなって、蜂達もどんどん増えてきており、採蜜できるの時が訪れるのが、楽しみになってきました。

 蜂場付近の山には、山桜が綺麗に咲いておりますし、山ツツジもポツポツと咲き始めておりました。
ちょっと、早いような気がしますね。 

今日、ブロックを24個、ホームセンターで買ったのです。そして、現場に着いて、ブロックを下ろして巣箱を置けるように、並べていたら、数が足りません。22個しかない。
 お金は、24個分、支払ったのに、、、
2個分196円の損失。店員が持ってきたブロックを数えもせずに、車に積みこんでしまったのが失敗でした。
 不注意でしたね。
 まあ、、今までに、得させてもらった事もあるので、差し引きチャラですな、、

→→熊野古道(2)参加者募集中←←
第二弾は牛馬童子から小広王子までの約9キロの行程ですね

蜂に刺された

 今日も、良い天気でした。蜂場の温度計は26度をさしておりました。
2匹の蜜蜂が、ずっとまとわりついていたので、面布を外さないで、作業をこなしておりました。
一通り、ハチの作業を終えて、少し離れた所で、面布をはずして作業をしていた所、またまた、私を見つけたのか、再びまとわりついて来ました。
 1匹が、私の顔のマスクをしている右鼻の隙間に入り込もとしたので、咄嗟に手で払ったところ、ミツバチの針が「チクッ」としました。「やられた」と思い針を抜こうとしましたが、抜けません。なので、車に戻って鏡を見ながら針を抜きました。刺されてから針を抜くまで、1分弱、その間に毒が、注入されました。
 今、右目付近が、ブヨっと腫れております。目も開けにくいですね。なので、冷やしております。

fc2_b20130408.jpg
 蜂場のレンゲがやっと咲き始めました。

本日は、刺されたこともあって、早めに作業を切り上げました。
帰りの車のラジオから、なつかしい声が、そう「佐藤良子さん」が出ておりました。
嘉門達雄と、これから、毎週するようでうすね。楽しみの番組が出来ました。

巣箱の蓋

 巣箱の蓋に、このような、巣を作り始めておりました。
この巣も、日を置けば、どんどん大きく巣箱内に作られます。作られた巣にも女王蜂は卵を産みます。だけどもその卵から育った蜂は、全てオスなんです。
 なので、取り除きます。
fc2_b20130404-1.jpg
 取り除いた巣です。これらの巣は、ハチの出す分泌液で、「蜜蝋」と申します。
ロウソク、化粧品等の材料に使われております。
fc2_b20130404-2.jpg
 この蜜蝋を使って、ハンドクリームを作った事があります。
→→ミツロウで作るハンドクリーム←←
プロフィール

bwv1067

Author:bwv1067
ききょう養蜂園

自然(天候や気温など)相手の作業は、毎日変化があって楽しいですが、しんどい時もあります。そんな中で毎日の変化を楽しもうと暮らしておりますカロリー控えめ甘味が欲しい素敵な、あなた美容痩身にぜひ身体が欲する甘味
私の生産したハチミツを食べて、心も身体も美しく変身致しましょう。

★☆★リンクフリーです★☆★「全ての生き物に感謝」のブログが気に入って頂けるだけで嬉しいです

訪問記念に、置手紙を残して下さい☆後日、伺います☆


置手紙をクリックして頂き
ありがとうございます



ブログ広告ならブログ広告.com

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
リンク
神戸三宮のライブカメラ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
USBメモリウイルスの感染にご注意を!
USBメモリウイルスの感染にご注意

アフィリエイトならリンクシェア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
よう おこし
蜂屋さんのエリア
http://draft.j-a-

net.jp/banner/NEXT

【送料無料】【レヴュー書いてオマケ】 明治プロテインダイエット ミックスパック30袋 【即納】30食分 【代引き15時までの注文は即日出荷】 プロテイン ※注意DHCプロティンダイエットではございません※ 『ta_979』【tg_sak】

価格:3,359円
(2012/2/7 09:05時点)
感想(5267件)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。